16.02.2016

生理前の不調はホルモンが原因だった

posted by dgsdfgs4r

in
生理前の不調はホルモンが原因だった はコメントを受け付けていません。

妊娠と生理との関係性

月に一度女性の卵巣にある卵胞から卵子が排出され、その卵子に男性が作った精子が受精し子宮内膜に着床することで、女性は妊娠します。卵胞から排卵しても精子と受精できなくて妊娠しなかった場合には、受精卵が着床するために作られていたベッドとも言われる子宮内膜を剥がして生理を起こし、次の妊娠の機会に備えて新しく子宮内膜を厚くしていきます。これが、女性の身体の中で約28日周期で生理がある間は行われていることです。これらの変化をもたらすのは女性ホルモンで、卵巣などから分泌される量が増減するたびに生理になったり、排卵されたりしているのです。生理前の不調は排卵の時期から始まる人が多く、それは排卵後に卵巣から分泌されるプロゲストロンとエストロゲン呼ばれる女性ホルモンの分泌量が大きく増減することが理由です。増えたプロゲストロンは水分をため込んだりするのですが、体調が不安定になります。また、排卵時期に分泌量が減るエストロゲンは、脳内で幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌量が減ってしまう原因となり、わけもないのに泣きたくなったり落ち込む、イライラするという精神的な状況を引き起こしてしまいます。

ゼイヤ新薬 pmsの効果と内容

生理前の不快感、改善できる?

生理前の様々な不調の原因は、女性ホルモンの分泌量の増減です。生理前の不調が起こってしまう人は、プロゲストロンの感受性が強い傾向があると言われています。プロゲストロンの分泌量の変化に過剰に反応してしまう人には特徴があり、ストレスがたまっていたり生活が不規則だったり、冷え性がある人の場合にはこれらの生理前の不調が起こりやすいと言われています。改善のために体内で不足しているエストロゲンと同じような働きをする、豆乳や黄な粉、とうふなどの大豆製品に多く含まれているイソフラボンを摂取するという方法もありますが、プロゲストロンの感受性が強い人の場合にはイソフラボンの摂取では効果が薄いこともあります。そんな時にはまずはリラックスです。過剰なストレスは更なる症状の悪化を招いてしまうこともあるため、好きな入浴剤を入れたお風呂にゆっくり浸かったり、無理をしない程度の軽い運動をしてストレスを解消する、夜は早めに寝て睡眠をしっかりとる、タバコやアルコール、カフェインや甘いものの摂取は控えめにして、野菜や果物を食べるようにする、生理前の時期のことは深く悩み過ぎない、といったことを心がけるようにしましょう。

Comments are closed.